トップページ < 不安があればそれを解決してから次のステップに進む方針なので、住宅ローンを抱えてもやっていけるなって思えました。

不安があればそれを解決してから次のステップに進む方針なので、住宅ローンを抱えてもやっていけるなって思えました。

ご夫婦や息子さんのご友人が集まれるような広いおうちをご希望され、
建装で新築した松山さんに、家づくりの心境や現在の住み心地などについてお話を伺いました。

Q.建装との出会いは?

A.

ご主人

ちょうど新築考えていた時期に内覧会の案内があって、「行ってみるか」という軽い気持ちで内覧会に参加したのがきっかけです。

Q.建装の第一印象は?

A.

ご主人

内覧会でスタッフの方とお話しているうちに、近藤さんが妻の中学時代の同級生という事があったり、妻のいとこも建装さんで建築を予定していたっていうのも色々重なって距離がグッと縮まりましたね。

Q.どんな家を建てられたいとお考えだったのでしょうか?

A.

奥様

うちは家族が多いので、みんなが車を止められて、一人一部屋ずつあって、息子の友達や、私達夫婦の友人、みんなが集まることが出来るような広い家を希望していました。でもお金はなるべくかからないように建てたいなと。

Q.建装の提案はどんな内容でしたか?

A.

奥様

初めに近藤社長が、自分たちの希望しているものを全部組み込んだ上で、面積が広くならないようにコンパクトに設計した図面を作って下さって、その図面を見て一目惚れです。
2パターン考えてくれて、オススメの方から変えてないです。

外観

ご友人が沢山集まっても車が停められる様に、広いお家をご希望されました。

Q.資金計画についてお悩みやご不安がありましたか?

A.

奥様

やっぱり経済面での不安が1番大きかったですね。 家を建てるということは大きな買い物になるので、「どのくらい予算がかかるのか」「どういう返済方法があるのか」なんかは見当もつかない状態で… なので、建装さんが開かれている資金計画の講習会に参加して、お金の話を聞きに行きました。

インタビュー

松山さんご夫妻(奥)と建装近藤(手前)

Q.資金計画について、建装の提案はいかがでしたか?

A.

奥様

「家を建てる時にかかるお金」の話だけではなくて、世の中のお金の流れとか「家を建ててからかかるお金」の話をして頂いて、返済計画やどういった借り方があるのかというのも全部教えていただいたので、すごく助かりましたね。

特に近藤社長には、「うちで家を建てなくてもいいので、これから家を建てるための知識として知っておいて下さい」とお話ししてもらったり、「自分達のライフプランを考えた上で、家が必要か必要じゃなかという選択をして下さい」というアドバイスをもらいました。家を建てる事が仕事の人なのに、そういう話をしてくれるところは中々ないと思います。

不安ももちろんあるんですけど、住宅ローンを抱えてもやっていけるなっていう事を思えました。ハウスメーカーに行くと、収入を聞かれてプランを出されるという話を聞きますので、やっぱりそういうところが大事だなと思いましたね。

Q.数ある住宅会社の中で、建装を選ばれた理由をお聞かせ下さい。

A.

ご主人

他社さんの見学会にも1、2回行ったんですけど、名前書いてからじゃないと入れなかったりとか、いまいち敷居が高いというか…
親身になってくれたところも建装さんならではの良さだと感じました。

難しい要望もすぐに無理だと言わずにやってみますと、出来るだけ希望に近づくように対応してくださったり、そこは車の整備士として働いている自分が心掛けている事と一緒なんですよね。

近藤社長とか啓太郎さんと話しているうちに、お客さんの立場になって考える姿勢やものづくりに対する建装さんの考え方に共感するところがあったので、建装さんにお願いしたいという思いも固まってきました。

Q.職人やスタッフの対応はどうでしたか?

A.

奥様

すごいなと思った事が1つあって。
工事に入る前に、塗装屋さんから屋根屋さん、内装屋さんなど、私たちの家の建築に携わってくれる全部の業者さんと、私たち家族との顔合わせの場を設けて頂きました。

そうすると、どういう方達が自分たちの家を建てるのに携わっているのかが事前に分かるので、そこは本当に安心感がありましたね。

こういう顔合わせの場を設けてくれるのは、友人に聞いても他ではないという事だったので、建装さんならではでないかと思います。

近藤

やっぱり実際にどんな人が棟梁で、どんな人が自分たちの家を建ててくれるんだろうというところは皆さん不安に思われる点だと思います。

なので、建装の場合は工事前に関わる全業者さんとの顔合わせの場を30分程設けさせてもらうようにしています。

そこで現場の方達にお客さんの顔をみてもらって、松山さんからも今回こういう想いで家を立てるんだと言う想いもお話してもらって、そういう想いを聞くと棟梁はじめ現場の皆さんも頑張ろうという気持ちになりますね。

ご主人

家の構造は内覧会に行けば分かるんですけど、「人間的な関係づくり」も対峙していけたっていうところも大きいです。腹のなかを見せるじゃないですけど、包み隠さずという風に捉えられましたね。

建築中も何回か現場を見に行く機会がありましたが、作業が終わった時、やりっぱなしのままではなくて毎回綺麗に掃除されているのを見て、「あぁ、大切に建築してくだっさっているなぁ」というのは感じました。

建装さんはもちろんですけど、融資担当者も、土地を撤去してくれた不動産屋さんの担当の営業さんもほんといい人に巡り会えましたよ。

Q.家を建てられてその後はどうですか?

A.

奥様

友人が連日泊まりに来てくれて、みんなからいいねって言われることが多いです。
本当に主人が言ったように、駐車場も広くてみんなが集まれる家ができました。

そして、何か変わったことがあれば、なんでも相談してくださいと言ってくれる建装さんがいるので、家を建てた後も心強いです。

建装さんにして本当に良かったなと感じています。

お宅拝見!リビング・和室 冬でも素足で過ごせるくらい暖かい仕組みがたくさん

Q.建装への期待やご要望(今後“建装”に求めるものは…)

A.

実際に家を建ててみて、いろんなところにお金がかかるというのを実感しました。

なかなか若い人たちには伝わりにくいことだと思いますが、ただ家が欲しい、かっこいい家が建てたいとか、おしゃれな家が欲しいという気持ちが先になると思います。
その気持ちだけで先走って動くより、お金のことを相談できたり、一緒になって考えてくれるところで建てるととても心強くなれると思います。

建装さんは不安があればそれを解決してから次のステップに進むという方針なので、自分たちのようになんでも話せ、不安なく建築を進めることができたように、建装さんにはその仕事のやり方をこれからもそのまま続けて欲しいと思います。

松山様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。
※取材日時:2018年11月

他のお客様の声も見る

出来る限り安く建てたいというのが一番でした。決め手は値段と家の性能です。

山形市 I様

住宅ローンの仕組み」 「子育てにかかる費用」 「車のローン」 全部含めて「自分達の細かいライフプラン」を立てて頂き、安心出来ました。

村山市 K様