トップページ > コロナ禍での住宅を考えてみました(第3回)

お役立ち記事

コロナ禍での住宅を考えてみました(第3回)

マイホームでの楽しみ方と対策

第1回と第2回で少し理屈っぽい話になってしまい
ましたが、私達住宅専門店にとって少し嬉しい情報が
あります。


コロナ禍で在宅時間が増えたのは言うまでもありません。
家の中で長時間過ごすのに皆さん色々と工夫したようですね。
例えば、ご家族で料理を楽しむなどは多くの方がやられたの
ではないでしょうか。
その時間の中で、住宅の住み替えを検討したご家族も多く
住宅情報サイトの閲覧数が前年を大きく上回ったようです。
特に戸建てが注目されマンションより戸建てが人気があった
ようです。

意外な敵

テレワークは日中もずっと自宅での仕事になるため
アパートの不快さが気になったようです。
冬の寒さ、夏の暑さよりも気になったのが騒音
だそうです。外からの騒音もそうですが、お子様や
ご家族が常にいるので、家の中の物音や生活音もかなり
気になったのではないでしょうか?
いかがですか?
皆さんにも当てはまるのではないでしょうか?


最後に・・・
貸家住宅への不満も若年者に多く見られますが
持家である実家への不満も若年層には多いようです。